東京むし作品展を終えて…

っという事で…


20211267.jpg本日を持ちまして
第3回東京むし作品展は無事に終了となりました
ご来場いただいた方々
お買い上げ頂いた方々などなどetc…
かかわった皆様方々ありがとうございました。
東京むし作品展は
今年の最後のイベントとして相応しいものとなったと思います
なんか久しぶりに採算とか考えずに
やりたいことやってすっきりした気分。。すがすがしい!
今、思えば今年は追われるようなイベントが多く
常に来るものを防ぐような態勢でのイベント参加が多く…
…これはこれで経験しておくべき事柄なのでしょうけども。。
イベント終了後にも反省すべき部分の方が多く
何かをやってやった!と言う達成感を味わえていなかった気がします;;

913WORKSとしてはこれにて2021年の出展は終了となります
2021は夏ごろからイベントのラッシュで秋、冬と
そのまま駆け抜けていくこととなりまして
気付けばあっという間でした;;
これでよかったのか?正解だったのか?は
他の選択肢を経験できない以上、比べられないので
考えるだけ無駄。だと思いますので
あまり深くは考えません。。
そもそも選択肢と言うものが存在…
っとこの話は長くなりますので割愛。。
ここらへんの事が聞きたい方は、イベントなどで…。。

ですが、一つだけ言えるのは…
完全に日程がかぶるイベントは避けたい。です
数日でもギリ会期がずれるようスケジュールを組みたいと思います

それと今回の東京むし作品展にて913WORKSを知って頂いた方々へ
913WORKSは正式には「キュウイチサンワークス」と読みます
で、中の人の個人名は「A」です、こちらの読みは「えー」と読みます
制作物は鱗翅目をモチーフに自分の好き勝手やらせてもらうスタンスで
その都度、興味のある物を作り、経験を吸収していくスタイルだと思います
とかく色々やって、その何かと何か同士が小さな接点でつながっていき…と言う感じ。。
”万事が万事とつながりがあることを悟る事”と昔の人が言っていたように。。

また”913WORKS”ですが
皆さん、913が何かを気にされているようですが…
特に意味はありません、きっぱり。。
何かの名前をもじった?誕生日?とか推測されることが多いですが
本当に何でもないのです。
「9」と「13」と言う
自分がかっこいいと思う数字を並べただけです
9は一桁の奇数の中でもっともかっこいいと思う数字。
13は様々な意味のある素敵数字。みんなも好きですよね?
という事で、それを合わせて913という事です。。


来年は「いきものフェス」を皮切りに
デザフェスになどなど参加する予定です!

また来年のイベントでは、
さらに立体的な造形に踏み込んで行けたらなぁ…と考えています
もっと自分にしかない感性に従って、
自分のすべき仕事をやっていきたいと思います

また明日から東京むし作品での取り扱いアイテムを
BASEのwebshopに追加しますので、よろしければご覧ください!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント