久しくのゲームの話

っという事で…


202010171693.jpg最近、やったゲームの話
っと言うほど、良いタイトルの出てないこの頃ですが…

・コーヒートーク
インドネシアのインディー会社が開発したノベルゲーム(読み物)
多様性と言う現代社会のリアルな問題を
独特なファンタジー的雰囲気を通して感じられるゲーム
コーヒーを手前に落ち着いた雰囲気で語られる
登場人物ひとりひとりの人生。
そんな人生や生き様を垣間見れる物語は喜怒哀楽、様々。。
そして、そんな落ち着いた雰囲気に寄り添うようなBGMも秀逸。。
たまには、こういう落ち着いたゲームもいかがでしょうか。。
インドネシアと言う多様な人々が住まうお国柄ゆえのゲームなのかもしれません。。

・バイオミュータント
実は密かに期待していたゲーム。。
半壊した世界の膠着状態を打開するには?的なゲーム
多様なケモノ達が住むオープンワールド、3人称視点ACTゲーム
世間的な評価はかなりイマイチですが
個人的には全然楽しめています。。
語り部によるイベントシーンや打撃攻撃の爽快感のなさ
意味不明な翻訳などなど…かなりのマイナス部分がありますが
それを補うくらいの不親切さが逆に面白さにつながっている気がします
ほとんど説明なしや非常に短絡的な説明、翻訳時に意味不明にされた説明などなど
説明の不親切さの理由は色々ありますが、それゆえの自由さや発見などをしていくことが面白いです
ゴーストオブツシマが丁寧に親切に作られた傑作であるとするならば
こちらは圧倒的な不親切さが生んだ迷作。というしかありません!

自分のスタイルに合わせた
近接?間接?超能力?のスタイルに
直接攻撃は片手?二刀流?両手持ち?
間接攻撃はライフル?二丁拳銃?ショットガン?
それに
武器や防具は全て改造可能で、見た目のグラフィックも変化!
刀の柄にバットをつけて、先端に鉛筆を付けるという意味不明な武器や
銃にドラムマガジンをつけたり、ストックをつけたりなども楽しい!
このクラフトシステムはボーダーランズとかも真似して欲しいくらいです。。
っと、キャラクリエイトはなかなかの幅の広さです。。
ちなみに最初のクリエイトもかなり幅広いですが
気にする点は容姿と脳筋?射撃?超能力?のクラスだけで、
ステータスなんかは後でどうにでもなるので
深く考える必要はないかも。。

クエストも多く、特にサイドクエストが多く
世界を放浪する→NPCと話す→どんどんクエストがたまっていく。と言う感じ
また、世界には成長に必要な各種ポイントをためる場所が点在しているので
うろうろさまようのも苦痛にはなりません。。
特に、ちゃんと怪しい場所にお宝があるのも良い作りです。。

っと言う感じです
あまり人におすすめしようとは思いませんが(笑
オープンワールド黎明期のような不親切さ。に惹かれる方はぜひ。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント