リマスターって…。。

っと言う事で…



2019010712.jpg最近やった「メタルウルフカオス」について…
メタルウルフカオスは
フロムソフトウェアの名も今ほど有名で無かったXBOX末期に発売され、
コンセプトや設定、ゲーム内容など
一部のコアな人たちにのみ受け入れられた知る人ぞ、知るゲーム
リアルタイムでやった人は少ないはず。。

それが今夏なんと!奇跡のリマスター!
だれも予想しえなかったことだろう。。
だが、予想しえなかったのはこれだけではかった…

なんと!まさかの劣化リマスターだったのであった。。
発売当日から音声周りがおかしい事をはじめ
↑これは修正パッチで治りました
一番の問題は、グラフィック全般の劣化
オリジナル版を見ていない人なら、
イマイチ汚い画面だけど、リマスターなら仕方ないか…。。
ぐらいで済むと思うのですが…
オリジナル版をやっていたみからすると、すさまじい劣化だなぁっと。。
ライティングと言うか、光源と言うのでしょうか、それがまったくなく
しょぼい爆発エフェクトや光らない電光掲示板などなど…どうしてこうなった?的な。。
そして、一番の悔しい所はカジノ内でのバトルです、きらびやかなカジノ内で
美しく光り輝くスロットマシンをぶち壊し、ドル札やらコインやらが舞う中での
ボスバトルは一番の見どころのハズなのに…。。。
さらにSE全般が軽くなったような気が…ガトリングってあんなにかちゃかちゃ音でしたっけ??

こんなことならリマスターしなくても良かったかな…
なんだかリマスターされることに対して、反対派になってしまいそうです
この流れで御伽やILLBLEEDとかもでないかなーっと思っていましたがしなくて結構!
「思い出のままじっとしておいてくれ」っと、どっかの銀髪が言ってた事が真理かもしれません。。

後、リマスター時に余計な事をしない。のも大事だと思います
これをやってよかった試しが圧倒的に少ない!!
「リマスターされる完成されたゲーム」に後付けは不要かと。。
0

この記事へのコメント